髪を傷めないヘアアイロン

髪を傷めないためするための注意点とは

ストレートアイロンをかける際の注意点として、髪を傷めないためにはアイロンの温度に気を付ける必要があります。

 

練習してみる

特に今まで使用したことがなく初めてアイロンを使う人や、今まで使用したことがあってもこのアイロン操作が不慣れな人は、スタイリングをする前に、まずはスイッチをOFFにした状態、冷たい状態でまずは数回練習をしてみるのもいいでしょう。

 

ぶっつけ本番ですぐに使用して失敗してしまうと、髪を痛めたりやけどになってしまったりしてしまう可能性もありますから、髪を傷めないために試しで練習してみるのもいいでしょう。

 

特にアイロンをかけにくいバック部分は髪をどのように引き出せばきれいになるかなど、やけどや髪を傷めないためには事前に練習することで軽減させることができます。

 

アイロンの温度などの調整はまずは冷たい段階で試しにやって慣れていく中で、アイロンの温度を上げていくなどの微調整をしていくことで対応していきましょう。

 

健康な髪の毛が耐えることができるのは180度でそれも10秒間以上はあてないように気を付けながら試していきましょう。

 

こうした点もあらかじめしっかりと考えてストレートアイロンをかけるなどしてやけどや髪を痛めないようにしましょうね。

このページの先頭へ戻る