海外対応のヘアアイロン

海外旅行でヘアアイロンを使うにはどうすればいいの?

海外旅行

 

海外旅行はとても楽しいイベントのひとつですが、その一方で勝手の違う外国に行くだけにわからないこともたくさんあります。

 

日本では常識だったことであっても、海外ではその常識が通用しないなんてことは当たり前だけに、日本とおなじ感覚でいるとちょっとした日常生活の一コマでも躓いてしまうこともあるのです。

 

海外旅行を楽しむためには、海外でもしっかりとおしゃれをして身だしなみを整える必要がありますが、その際にヘアアイロンは必須ですよね。

 

しかし、日本のヘアアイロンを海外に持って行ってもそのままではコンセントにさすことができずに、使うことが出来ません。

 

そのため、まずはコンセントにさすための変換アダプタが必要となってくるのですが、これがあればヘアアイロンが使えるということにはなら
ないのです。

 

日本と海外では電圧の違いがあるため、それに対応していない機器だとコンセントにさすことができても電圧の違いで壊れてしまうこともあるのです。

 

そこで、そのような時には海外対応のヘアアイロンを使うことをおススメします。

 

海外対応のヘアアイロンは、電圧が100〜240Vと海外でも使用できるようになっているのでこれを持っていくことで対応できるのです。

 

電圧の幅が広いため変圧器がなくても、アダプタだけがあれば使うことができるものになっています。

海外と日本の電圧の違い

電圧

 

それでは電圧のことについて少しお話をしますね。

 

日本の電圧《100V》に対して海外の電圧《110V〜240V》となっています。日本の電圧《100V》に対応したヘアアイロンを使った場合、海外の電圧《110V〜240V》となっているために電圧が超えてしまうということになります。

 

電圧オーバーしたことでヘアアイロンが壊してしまうという事態になってしまいます。

 

そこで、ヘアアイロンを壊さないようにするためには海外の電圧110V〜280V対応している海外対応製品を使うということです。ヘアアイロンに関わらず海外の電圧に対応している電子機器も最近は増えてきているため、そのようなものを利用すれば変圧器なしでも電子機器を利用することができるようになりますよ。

 

そのほかには日本の電圧 100Vに変圧してくれる、変圧器を持って行きそれに電子機器をつなげて使用することです。変圧器は多少値段もかかりますし、荷物もかさばることがデメリットではありますね。

 

海外旅行でヘアアイロンなどを使用する際にはこれらを利用して電圧の対応をしていけば問題なく使うことができますよ。

このページの先頭へ戻る