コードレスアイロンを選び方

失敗しないコードレスアイロンの選び方

コードレスアイロン

 

いざコードレスアイロンを購入しようとしてもいろいろあってほんと迷ってしまいます。けれど、やっぱり失敗はしたくないものそんな方にコードレスアイロンを選び方を教えますね。

 

コードレスアイロンを選ぶときのポイント

充電方式

コードレスヘアアイロンの中でも電源方式を選ぶ必要があり、コンセントに接続して充電する充電式、電池交換による電池式、ガスカートリッジを交換するカートリッジ式の3種類が一般的な充電方式などがあります。

携帯しやすいサイズ・重さ

海外や国内旅行に行くときに持っていくときにサイズや重さも大切です。

電圧やコンセントプラグの形状の違い

電圧やコンセントプラグの形状の違いなど、旅行先との関連性までも注意しなければなりません。

 

では、あらためて細かく説明をしていきたいと思います。

充電方式

まず、コードレスヘアアイロンの中でも電源方式を選ぶ必要があります。

 

コンセントに接続して充電する充電式、電池交換による電池式、ガスカートリッジを交換するカートリッジ式の3種類が一般的な充電方式です。ACアダプタを利用する充電式は、ある程度長めに接続していないと充電されないデメリットはありますが、しっかりと充電される分充実した機能が搭載されているモデルが多く製造されています。製品によってはUSB接続による充電が可能な場合もあります。

 

携帯しやすいサイズ・重さ

電池式は非常にコンパクトに設計されているという特徴があります。そして充電方式の中でも特徴的なものがガスカートリッジ式です。使用可能時間が圧倒的に長いのはガスカートリッジ式で、使用方法もカートリッジを交換するだけなので非常に簡単です。

 

ただ、そのカートリッジの購入費用や航空機への持ち込み不可といったデメリットもあるため、飛行機を利用する長距離旅行の場合には不向きです。充電方式に続いて検討しなければならないのが、携帯しやすいサイズ・重さを選ぶということです。多機能で高性能のヘアアイロンはそれに応じてサイズや重さも増してしまう傾向にあるので、機能よりも携帯性を重視する際には少しでも軽いもの、長さが短くポーチに収まるサイズのもの、あるいはパイプ径が小さいものを選ぶと良いでしょう。ただし、パイプ径は実際に髪に当たる部分のサイズにも影響してくるので、自分のヘアスタイルと照らし合わせて選ぶ必要があります。

 

さらに気をつけたいのヘアスタイルに合った温度に調整できるかどうかという点です。実はコードレスヘアアイロンは電源接続しながら使用するヘアアイロンと比べると温度があまり上がらないというデメリットがあります。ヘアアイロンで癖をリセットするためにはある程度高めの温度が必要になるため、自分の髪質やセットスタイルと合わせてどのくらいの温度が必要になるのかを良く考えなければなりません。

 

電圧やコンセントプラグの形状の違い

そして、使用目的の中でも意外と忘れられがちなのが旅行先との関連性です。国内使用のみを検討しているのであれば問題ありませんが、海外出張や海外旅行も含めた海外使用についての可能性もあるのであれば、電圧やコンセントプラグの形状の違いなど、旅行先との関連性までも注意しなければなりません。製品によっては電圧切り替えのスイッチがついていたり、変換器を必要としたりするものなど様々あるので、少しでもコードレスの携帯性を下げずに自分の目的を満たすコードレスヘアアイロンを選ぶことが重要です。

このページの先頭へ戻る