髪がパサつく原因とは

こんなことがあたなの髪を傷めている?!

髪の毛がパサつく原因としてはさまざまな理由が考えられます。特に若い女性などの髪がパサつく原因として3つあげることができます

 

ドライヤーやヘアアイロンで傷める

ドライヤーやヘアアイロンなどを頻繁に使用することも髪の毛のパサつきの原因となることがあります。使用回数だけではなく、コテの温度など使用方法によっても髪に悪い影響が出る場合もありますので気を付ける必要があります。

 

髪の毛を染める

髪の毛は染めても時間がたつと元の色に戻ってくることから、一度染めた場合はその都度髪を染め直す必要があります。ですが髪の毛は染める回数が頻繁になるほどダメージを負うことになります。それが結果として日常的に髪がパサつく原因となってしまいます。髪の毛を染めるだけではなく、パーマなどをかけた場合にも少なからず髪の毛にダメージが生じてしまいパサつきの原因になります。パーマと染色を両方している人などは特にダメージが大きくなります。

 

栄養分が不足

髪がパサつく原因としては髪に必要な栄養分が不足している可能性もあげられます。バランスのとれた食事を毎食していない場合には美しい髪の毛の維持に必要な栄養素が足りなくなることから、結果として髪がパサつくことになります。食生活だけではなく、他の日常生活の行動によっても髪に悪い影響が出る場合もあります。特に髪の毛に悪い影響を与えやすいのは睡眠不足です。しっかりとした睡眠を取らない場合は身体にさまざまな悪影響を与えます。

このページの先頭へ戻る